野鳥情報伝言板(北海道野鳥愛護会) 

投稿の手引き

【お願い】

  • 投稿する場合、「名前」と「題名」をかならず記入してください。名前はなるべく実名でお願いします。
  • 「メール」の欄は省略してもかまいません。
  • 「野鳥」とは関係のないサイトに誘導する目的の投稿を禁止します。商品宣伝等の目的で特定のサイトに誘導する内容の投稿があとを絶たず、この種の投稿を排除するため、「http」の文字を含む投稿は拒否する仕組みにしています。 なお、投稿文の中で特定のホームページのアドレスを掲載したい場合には、あらかじめ管理者にご連絡ください(伝言板トップページ下の【管理者へ連絡】より)。
  • いわゆる「珍鳥」の情報など、心ないカメラマンが多数押しかけることが予想されるような情報については、慎重にお願いします。繁殖(営巣)中の情報についても同様です。(不適当と思われる記事は、予告なしに削除することがあります。)

[ HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[113] コウライキジ Name:辻 雅司 Date:2017/11/08(水) 16:39 [ 返信 ]
明日から寒波とのことで、今にも雨が降りそうな天気模様でしたが、近場の東屯田川遊水地(札幌市北区)へ探鳥に行きました。

二つの池にはカワアイサ、マガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、ヨシガモ、オカヨシガモ、カ
イツブリ、カワウ、オオバン(群れが集結)などがいました。

観察を終えて、パークゴルフ場横の駐車場に向かっていると、大型の2羽の鳥がけたたましい鳴き声をあげて飛んできて、パークゴルフ場におりました。

2羽のコウライキジ(放鳥された個体が野生化した外来種)でした。
観察していると、にらみ合って盛んに相手を威嚇しています。縄張り争いですね。(写真上段)

ついには、飛びかかり、ケズメを使っての蹴り合いが始まりました。(写真中段)

どうなるものかとワクワクした気持ちで観察していると(野次馬ですな)、このどさくさに便乗した介入者が現れました。この介入者はハシブトカラスで、お取り込み中のコウライキジの背後に回り込み、立派な尾羽をいただこうとの魂胆のようです。(写真下段)

さすがにコウライキジも驚いて、飛び去ってしまいました。




  


Powered by Progoo