野鳥情報伝言板(北海道野鳥愛護会) 

投稿の手引き

【お願い】

  • 投稿する場合、「名前」と「題名」をかならず記入してください。名前はなるべく実名でお願いします。
  • 「メール」の欄は省略してもかまいません。
  • 「野鳥」とは関係のないサイトに誘導する目的の投稿を禁止します。商品宣伝等の目的で特定のサイトに誘導する内容の投稿があとを絶たず、この種の投稿を排除するため、「http」の文字を含む投稿は拒否する仕組みにしています。 なお、投稿文の中で特定のホームページのアドレスを掲載したい場合には、あらかじめ管理者にご連絡ください(伝言板トップページ下の【管理者へ連絡】より)。
  • いわゆる「珍鳥」の情報など、心ないカメラマンが多数押しかけることが予想されるような情報については、慎重にお願いします。繁殖(営巣)中の情報についても同様です。(不適当と思われる記事は、予告なしに削除することがあります。)

[ HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[130] めづらしトラフズク! Name:富川 徹 MAIL Date:2018/04/02(月) 22:11 [ 返信 ]
今年は暖かく雪解けが早いこともあって、我が家(江別)の上空でも編隊で鳴き交わしながら移動する群れが観察されました。3月23日はマガン・ヒシクイ羽数合同調査だったので、私は今年も南幌・長沼周辺を走り回ってのガンやハクチョウのカウント調査を行っていました。
26日も休みがとれたので、いつものように出かけ珍しいガンはいないかと探しました。しかし、残念ながら該当種は見つからず、そろそろ帰ろうかと車を走らせようとしたその時です。農家さんの庭から飛び出す白い鳥が目に飛び込んできました。すぐにフクロウ類であろうと思い、車を止めてその個体を追うようにカメラのシャッターを切りました。
撮ったあとはコミミズクだろうと思い、まずは映っているので安心し家に向かいます。その後、同僚とのメールのやり取りで、虹彩の色や目元の羽の色、翼下面の模様やなどからトラフズクであることに気づき驚きました。
昨今では夜行性のフクロウ類に会えることや鳴き声を聞く機会が少なく、況してや飛翔するトラフズクに会えることは珍事でもあり、画像はどうであれ映っていたことに喜びを感じました。車にぶつからず、またカラスにも追われたが近くの防風林内に飛び込み難を逃れられたことはよかったです。





  


Powered by Progoo