野鳥情報伝言板(北海道野鳥愛護会) 

投稿の手引き

【お願い】

  • 投稿する場合、「名前」と「題名」をかならず記入してください。名前はなるべく実名でお願いします。
  • 「メール」の欄は省略してもかまいません。
  • 「野鳥」とは関係のないサイトに誘導する目的の投稿を禁止します。商品宣伝等の目的で特定のサイトに誘導する内容の投稿があとを絶たず、この種の投稿を排除するため、「http」の文字を含む投稿は拒否する仕組みにしています。 なお、投稿文の中で特定のホームページのアドレスを掲載したい場合には、あらかじめ管理者にご連絡ください(伝言板トップページ下の【管理者へ連絡】より)。
  • いわゆる「珍鳥」の情報など、心ないカメラマンが多数押しかけることが予想されるような情報については、慎重にお願いします。繁殖(営巣)中の情報についても同様です。(不適当と思われる記事は、予告なしに削除することがあります。)

[ HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[57] 当別自然再生地区 Name:樋口孝城 Date:2017/04/09(日) 16:16 [ 返信 ]
今日4/9午前中、石狩川と当別川合流点にある自然再生地区の様子を見てきました。雪は完全に解け、入口ゲートの錠ははずされているので、ゲートを開いて車で入ることができます。
当別川左岸側の沼の浅いところに、セイタカシギとアカアシシギが1羽ずついました。時には並んだりしました。かなり遠かったので写真はありませんが、足の赤いシギのツーショットはなかなか結構でした。左岸側には他にオナガガモの大群(2,000羽?)、マガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、ミコアイサ、そしてダイサギ3羽とアオサギ。オジロワシがカモ類を飛ばした光景も見事?でした。
右岸側では石狩川最下流部に造られたワンドにオオハクチョウとコハクチョウ合わせて140羽ほど、マガン150羽ほどが羽を休めていました。写真はその一部です。石狩川本流には多数のオナガガモが浮いていました。今時期はあちこちにオナガガモの大群です。よくもこんなにいるもんだと感心させられます。
当該地区はゲートがあるので一見入りにくい感じですが、実際には多くの人たちが鳥を見たり植物を見たりするために訪れてくれることが望まれています。どうぞ是非お出かけ下さい。




  


Powered by Progoo