野鳥情報伝言板(北海道野鳥愛護会) 

投稿の手引き

【お願い】

  • 投稿する場合、「名前」と「題名」をかならず記入してください。名前はなるべく実名でお願いします。
  • 「メール」の欄は省略してもかまいません。
  • 「野鳥」とは関係のないサイトに誘導する目的の投稿を禁止します。商品宣伝等の目的で特定のサイトに誘導する内容の投稿があとを絶たず、この種の投稿を排除するため、「http」の文字を含む投稿は拒否する仕組みにしています。 なお、投稿文の中で特定のホームページのアドレスを掲載したい場合には、あらかじめ管理者にご連絡ください(伝言板トップページ下の【管理者へ連絡】より)。
  • いわゆる「珍鳥」の情報など、心ないカメラマンが多数押しかけることが予想されるような情報については、慎重にお願いします。繁殖(営巣)中の情報についても同様です。(不適当と思われる記事は、予告なしに削除することがあります。)

[ HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]

[84] テレビ番組「カムイの鳥の軌跡 〜オオジシギ 2つの物語〜」 Name:島崎康広 Date:2017/08/12(土) 19:04 [ 返信 ]
またまた、野鳥情報ではなく、テレビ番組の紹介で申し訳ありません。
北海道だけの放送ですが、8月14日(月)9時55分から10時50分まで、北海道テレビ(HTB)で、以下の番組が放映されます。

HTBノンフィクション
「カムイの鳥の軌跡 〜オオジシギ 2つの物語〜」

先日、「テレメンタリー2017」で勇払原野でのオオジシギ調査も含めて全国放送されましたが、それより時間が長いので放映されなかったものも放映されると思います。

[83] ショウドウツバメ Name:辻雅司 Date:2017/08/03(木) 15:39 [ 返信 ]
石狩市は日本海沿いに南北に細長く伸びた、海や野山に囲まれた自然豊かな土地柄です。長い海岸線の中程にある小さな漁港近くの崖にコロニーを形成しているショウドウツバメを観察してきました。

この掲示板には複数枚の写真を同時に投稿できないので、観察写真3枚を合成してみました。

上段の写真はコロニーの一部です。その中に住人が顔を出しているを見つけました(写真中の楕円内)。
中段の写真はその住人のいるあたりを拡大したものです。ショウドウツバメの幼鳥で、親鳥を待っているようです。
しばらくすると親鳥がもどってきました。下段の写真では大きな口を開けて餌をおねだりしています。黄色い嘴が愛らしいですね。

高い絶壁に作られた小洞(ショウドウ)は、人間はもとより、キツネ、ヘビ、カラスなどの外敵からも安全です。
ヒナは孵化してから約19日で巣立つそうですから、この様子からするともうすぐで巣立ちです。



[82] 当別自然再生地区アマサギ Name:樋口孝城 Date:2017/08/01(火) 15:38 [ 返信 ]
今日午前中に当別自然再生地区の当別川左岸側の水場を見てきました。カモ類はカルガモだけでしたが、サギ類がアオサギ2、ダイサギ7、そしてアマサギ2でした。
写真はアマサギを真ん中にして並んだものです。写真でははっきりしませんが、このアマサギは胸に少し橙黄色が残っていました。左端もアマサギです。
当該地区についてはこの伝言板で4/9に紹介しています(No.57)。今は草ぼうぼうでウッドチップの道もところによってはかきわけて歩かなければなりませんが、8月末までには草刈がなされることになっています。9月になればサギ類、カモ類、シギ・チドリ類を楽しめると思います。



[81] モエレ沼カンムリカイツブリ Name:樋口孝城 Date:2017/07/17(月) 20:49 [ 返信 ]
夏には殆ど見られないカンムリカイツブリですが,今日昼過ぎにモエレ沼(札幌市東区)に行ったら,人道橋近くに夏羽個体が2羽いました(写真)。昨年(2016年)には江別市で繁殖が確認されています。それについては,北海道野鳥だより第187号に,中田達哉さんによる報告記事が載っています。今日の2羽が雄と雌とであれば,モエレ沼でも繁殖の可能性が考えられます。そのうちに,あの独特の顔をしたヒナが・・・と,ちょっと期待しているところです
今時期のモエレ沼の外周道路を「沼を見ながら」歩くのはなかなか良いものですが,「鳥を見ながら」とまではいきません。でも,ごく少数ですが,おでこの赤いバン,白いオオバンを楽しむことができます。カモ類はマガモぐらいですが,これからは少しずつ増えてくるだろうと思っています。



[78] キジバトの暑さ対策? Name:島崎康広 Date:2017/07/09(日) 15:26 [ 返信 ]
キジバトが不思議な格好をしていました。
翼をあげ、尾羽も広げて、身体は地面に伏せているようです。
北海道はらしくない暑い日が続いていますが、ここ千歳市も30度以上の日が今日で3日続き、北広島を過ぎると天気が変わる(南側は涼しい)と言われているのに昨日までは札幌市より千歳市の方が暑かったです。
季節外れの暑さ、汗腺がない野鳥の暑さ対策、言ってみればラジエーターの原理なのでしょうか。



[79] RE:キジバトの暑さ対策? Name:田中冬彦 Date:2017/07/11(火) 13:47
こんにちは。
これは日光浴だと思いますよ。地面の熱や日光の紫外線を利用した羽繕いの一種と言いますか、羽毛の清潔さを保つワザですね。ダニやその他寄生虫などに効果があるのだと思います。貴重なシーンですね。


[80] RE:キジバトの暑さ対策? Name:島崎康広 Date:2017/07/11(火) 22:51
そうなんですね。
ありがとうございます。

[76] 幼鳥の季節 Name:樋口孝城 Date:2017/07/01(土) 14:29 [ 返信 ]
今時期はあちこちで幼鳥が見られます。中には、「あんたの親は誰?」といいたくなるぐらいわかりにくい子供もいます。今日午前中に石狩川・茨戸川・当別川沿いを一回りしてきました。オオイタドリの上でオオジュリンの幼鳥が、か細くチッチッと鳴いていました。(写真)。一方では親もまだ頑張っています。コヨシキリやオオヨシキリは相変わらず賑やかで、カッコウもよく鳴いていました。繁殖期後半戦、幼鳥も加わって、前半戦とはまた違う楽しみがあります。



[77] RE:幼鳥の季節 Name:辻 雅司 Date:2017/07/03(月) 16:35
札幌市北区東屯田川遊水地横の発寒川で、雌オシドリを先頭にした計12羽の幼鳥の隊列を観察しました。オシドリの一腹卵数は7〜12個とのことですが、先頭の雌オシドリはこの幼鳥たちのお母さんなのでしょうか?
これからの過酷な試練を生きぬけ!・・とエールを送りつつ隊列を見送りました。



[75] ウグイス(千歳市) Name:島崎康広 Date:2017/06/28(水) 22:09 [ 返信 ]
鳴き声だけで、姿は見られないもの、ましてや私のような者には写真は撮れないものと思っていましたが、急に姿を見せました。



[74] テレビ番組「カムイの鳥の軌跡〜9000キロ 渡りの謎を追う〜」 Name:島崎康広 Date:2017/06/20(火) 20:55 [ 返信 ]
野鳥情報ではなく、テレビ番組の紹介で申し訳ありません。
24日(土)24時30分からHTB(北海道テレビ放送)で、「テレメンタリー2017『カムイの鳥の軌跡〜9000キロ 渡りの謎を追う〜』」が放映されます。
オオジシギの渡り等をテーマとした番組で、5月に勇払原野で行われたオオジシギ個体数調査の時、2日間に渡って取材クルーが同行しましたので映るかもしれませんが、30分番組ですし、メインは渡りのルートで去年の調査がメインらしい(テレビ朝日で見た方の話)のでどこまでかは解りません。
なお、キー局のテレビ朝日では、既に放映されているようです。

[71] 岩見沢近郊にてハクセキレイの雛を見つけました。 Name:さくらちゃん MAIL Date:2017/06/13(火) 18:15 [ 返信 ]
はじめまして。ハクセキレイの雛についてどこに相談をしたら良いかわからず、こちらに書かせて頂きます。

今日、ハクセキレイが車や人通りがある道わきのその草むらから出たり入ったりしていた為、不思議に思いその出入り地面を見に行きました。すると、そこに毛がちょっとはえたばかりの雛が数羽いました。明らかに危険な場所(車、人、ネズミやヘビ、カラス等)と思うのですが、大丈夫なのでしょうか?
誰でも見つけ、簡単に捕る事が出来る場所です。
とても心配になり、こちらに書かせて頂きましたが、間違っていたら申し訳ありません。


[72] RE:岩見沢近郊にてハクセキレイの雛を見つけました。 Name:樋口孝城 Date:2017/06/13(火) 19:22
北海道野鳥愛護会の樋口です。
野鳥のヒナについては,確かに心配でしょうが,保護したりしないで親鳥にまかせておくのが基本です。インターネットで「野鳥のヒナを拾わない」とでも入れると,日本野鳥の会からのお願いなど,たくさん出てきます。
それらを見て参考にした上,どうぞそのままにしておいて下さい。

[73] RE:岩見沢近郊にてハクセキレイの雛を見つけました。 Name:さくらちゃん MAIL Date:2017/06/13(火) 21:02
樋口様お返事ありがとうございます。

いつも車を駐車する場所の近くで、ボーッと車の中から見ていた時に発見しました。野鳥があんな見つかりやすい道路の歩道わき地面下に巣を作るなんて思ってもみなかったのでびっくりしてしまいました。ハクセキレイの習性なのでしょうか?雛達が頭から離れず、野良猫がたくさんいる地域なので食べられないか他の人に見つからないか不安に思って今も気になっています。
見つけた私に何か出来る事があればと思いましたが、遠くから無事に巣立つ所を見守りたいと思います。


[69] 鵡川河口 探鳥会 Name:齋藤 佑朱 Date:2017/05/21(日) 23:20 [ 返信 ]
天候にも恵まれ、多くのシギ・チドリを観察できた。
草原では小鳥たちを、河口の人工干潟では、綺麗な夏羽のトウネンやコチドリなどの可愛らしい姿を参加者みんなで見ることができた。中でも珍しいアカアシシギをゆっくり観察することができとても良かった。何度かコチドリとアカアシシギが並ぶ様子も見られらた。探鳥会も終わりにさしかかった頃、8羽ほどのオグロシギが集団で飛んできて、干潟の上空を何度も旋回している様子をじっくり見られた。また、カモメが長い木の棒を咥えてシギと勘違いしてしまったこともあり、とても面白かった。猛禽類が見られなかったのが残念だったが、たくさんのシギチを見られ、とても楽しい探鳥会だった。愛護会のみなさんありがとうございました。秋の鵡川の探鳥会ではどんなシギチが観察できるか楽しみだ。




[70] RE:鵡川河口 探鳥会 Name:早坂泰夫 Date:2017/05/22(月) 19:48
探鳥幹事の早坂です。

齋藤佑朱さん、オグロシギの飛翔写真素晴らしいですね。
ますます、腕を上げてきましたね。
ありがとうございます。

探鳥会ではアカアシシギも見られ、コチドリとのツーショットを堪能できた方も多いのでは。
当日、アカアシシギの写真を撮られた方がおりましたら投稿していただけませんか。
よろしくお願いいたします。

鵡川河口探鳥会参加のみなさま
おつかれさまでした。



[ HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]
1件〜10件(全39件)  134       <RSS>    【管理者へ連絡

Powered by Progoo